お知らせ

指しゃぶりについて・・・


こんにちはsun

もうすぐ2019年も終わりますねsnow

年が終わるのは少し寂しいですが、クリスマスやお正月と、

とても楽しみなイベントもいっぱいですねshine

 

 

 

 

 

 

今日は・・・

 

 

指しゃぶり.png



 

指しゃぶりについてお話させてもらいますconfident

 

 

一言に指しゃぶりといっても、

親指をくわえる子もいれば、人差し指をくわえる子もいます。

指の本数も様々で、指しゃぶりをしている子は

1人1人違った形で指しゃぶりをしていると思いますsweat01

 

 

 

 

 

では、なぜ指しゃぶりをしてはいけない!と言われているのでしょうimpact

 

まずとても影響が考えられることが

歯並び・噛み合わせへの影響ですimpact

指しゃぶりを続けてしまうことで

 

 

 

①開咬(かいこう)

開口.png

指しゃぶりを続けていると、上下前歯の間に隙間ができて、

奥歯は噛んでいるにもかかわらず、前歯は噛まないイラストのような噛み合わせになってしまいます。

 

 

 

 

 

 

②上顎前突(じょうがくぜんとつ)

出っ歯.png

 


指しゃぶりで親指の腹を吸う事で、
上の前歯が前へ押されてしまい、出っ歯になってしまいます。












他にも、指しゃぶりをすることで、口腔周囲筋が緊張してしまい、
指しゃぶりをしていない時に緊張が緩み、
お口が常に開いた状態の「お口ぽか~ん」になってしまうそうですsweat01

 

 

 

 

 

 

 

ただ一言に指しゃぶりはダメ!!ということではなく、成長・発達において指しゃぶりは意義のあるものです。

歯科でお伝えしたい事は、お子どさんが4歳を超えても指しゃぶりをしており

更に歯並びや噛み合わせに不安がある場合は要注意ですimpact

もし条件にあてはまったら歯科医院にご相談してみて下さいrun

 

 

 

 

 

ちゃえん歯科では、矯正の先生も来られているので、

専門的な知識で様々なアドバイスが聞けますconfident

ご不明な点があればスタッフまでお尋ね下さいflair